水素水事業で貢献する。株式会社ドクターズ・マン

株式会社ドクターズマン

水素水 Q&A

水素水 Q&A

Q&A

水素ってどうして注目されているの?

優れた抗酸化物質として注目されています。
これまでに抗酸化物質として注目されてきたビタミン・ミネラル、酵素、ポリフェノール・カロチノイドに優るとも劣らない抗酸化物質として、その特性が注目されています。
 (有名な抗酸化物質)
●ビタミン・ミネラル:ビタミンC、ビタミンE、ビタミンQ(コエンザイムQ10)、亜鉛、セレンなど。
●酵素:スーパーオキシドジスムターゼ、グルタチオンペルオキシダーゼなど。
●ポリフェノール・カロチノイド:カテキン、リコピン、アントシアニン酸、アスタキサンチンなど。
上記に記載したのは、有名な抗酸化物質の一部です。
水素は抗酸化物質として、上記成分にはない特徴を持ち、優れた抗酸化物質として注目されています。

水素の他の抗酸化物質にない特徴とは何ですか?

①とにかく小さい:水素は原子記号1番の世界最小の原子であり、当然水素分子も非常に小さいです。分子量で計算すると、水素分子はビタミンCの約88分の一、コエンザイムQ10の約432分の一という小ささです。水素原子の大きさは細胞の約250万分の一です。

②水溶性でもあり脂溶性でもある:水素の特徴の一つが水溶性・脂溶性の両方の性質を持つことです。

③浸透性の高さ:前述の小さい事と水溶性・脂溶性の特性から、細胞さらに細胞膜の中までも簡単に浸透していくことができます。
また血液脳関門も通過でき、脳内の抗酸化にも役立ちます。

④すぐれた抗酸化力:水素は浸透性が高い上に、『おだやかな』抗酸化力を持ちます。活性酸素のうち、悪玉といわれる活性酸素を選択的に除去するといわれています。善玉の活性酸素は除去しないのが最大の特徴です。また、悪玉活性酸素との反応後は水として体外に排出されます。

⑤全身にいきわたる:1.6ppmの水素水200mlには約19.2兆x1000万個(19.2垓個)の水素が入っています。この水素水を飲むと、これだけの量の水素が体内を駆け巡り、約20分で1つの細胞に対して300万個以上という膨大な数の水素が行きわたる計算になります。

・1.6ppmの水素水200mlには約19.2兆x1000万個(19.2垓個)の水素
・水溶性でもあり脂溶性でもあるため細胞壁をカンタンに通過。
・血液脳関門も通過して脳内の酸化にも有効。

水素水の生成方法にはどんな種類があるのですか?

水素水の生成方法は主に、①電気分解方式、②化学反応方式、③水素ガス溶存方式の3種類があります。

①電気分解方式:
(1)みなさん中学校の理科で実験したと思いますが、水を電気分解するとプラス極側に酸素、マイナス極側に水素が発生します。つまり、マイナス極側の水には水素が溶存されているということになります。電気分解で生成されるアルカリ水・還元水がこれに近いかもしれません。以前の電気分解方式は、pHがアルカリになってしまったり、水素溶存量が低いといった問題がありましたが、現在は、各社独自の特許技術で、pH中性、高濃度を実現している製品もあります。

(2)水に直接電極を差し込んだり、電極付の容器に水を入れて電気分解をする方法もあります。電気を入れると電極から酸素と水素がシュワーっと出てくるのが分かります。この酸素と水素が自然溶解して水素水が出来上がります。近年では、同様の製品でも酸素は別ルートで逃がし、水素のみを容器内に存在させる製品もあるようです。

②化学反応方式
化学反応方式とは、カルシウムやマグネシウムなど、水と反応すると水素を発生させる素材を利用して水素水を生成する方式です。



水素発生素材の入ったスティックを水に入れて水素水を生成するタイプや、近年では、サプリとして直接体内に取り込んで水素を発生させる製品もあります。最近では、水素発生入浴剤もあるようです。
*上記の化学式は水素発生のメカニズム説明です。それぞれのメーカーで、水素を発生させる成分は違います。

③水素ガス溶存方式
水素ガスをバブリングやミキシング、圧力注入などで水に溶存させる方法です。
主に、工場で製造される水素水やサーバータイプの一部がこの方式を採用しています。弊社の[Plus me aquaプラスミー・アクア]、[DAYSデイズ]もこの方式を採用しています。工場の場合は高圧水素ボンベを用いるケースが多いようです。サーバータイプはマシン内で水素ガスを自己精製する方式が主に取り入れられています。DAYSの場合は安全な水素タンクで水素ガスを液中に溶存します。水素ガスの充填方法は、各社独自の技術を用いて高濃度の水素水生成を実現しています。

水素ガス溶存方式の特徴は、短時間で高濃度水素水をつくりやすい。飲料水自体を電気分解しない。水素ガス以外の不純物は溶存しない。の3つがあります。多くの水素水に関する論文・学会発表は、この水素ガス溶存方式でつくられた水素水で臨床試験されたデータを基礎としています。(*全ての論文ではありません。)

以上3点が主な水素水生成方法です。技術の進化はめまぐるしいので、上記以外の生成方法もあると思います。サーバータイプは外見では、電気分解方式か水素ガス溶存方式か分かりづらいので、気になる方は、それぞれのメーカーに聞いてみればよいと思います。

水素が溶存されているか分かりません。どのようにすれば水素が実際に溶存されているか分かりますか?

よく頂くご質問です。
液中の溶存水素量の測定機器は、数十万円台の機器から百万円を超える機器まであり、一般に普及している機器ではありません。
弊社では、百万円を超える計測機器はメーカー別に2台(開発・試験用)、数十万円の機器は6台(メンテナンス時の計測用)の計8台を保有して計測しております。自動販売機タイプであれば、メンテナンス時に溶存水素量の計測試験を行っているかなど、各社の取り組みを確認すれば安心してお飲み頂けると思います。

市販のうがい薬(イソジン)で溶存水素量の測定ができると聞きましたが?

これはおススメしません。
よくお問合せを頂く内容としては、「うがい薬の消毒成分である活性酸素(茶色)が、水素と反応することで消滅して透明になる。」「同じ理由から、水素の入ってない水では、透明にならない。」というものです。
そもそもですが、活性酸素は茶色ではありません(笑)し、うがい薬が活性酸素で消毒しているという事実は無いと思います。(メーカー様も否定されています。)

ではなぜ一部の水素水では実際にイソジンが透明になるのか?
ここからは推測ですが、うがい薬の成分であるヨウ素(あるいはポピヨンヨード)が、水素以外のなんらかの成分と反応して透明になっていると考えられます。ヨウ素溶液を透明にする物質で有名なのはビタミンCですね。それに[水酸化イオンOH-]です。
[水酸化イオンOH-]は、電気分解水の陰極側の水(いわゆるアルカリ水・還元水)に大量に存在しています。ひょっとすると、ヨウ素溶液が透明になるのは、水素と反応しているのではなく、[水酸化イオンOH-]と反応しているのかもしれません。アルカリ水・還元水に[水酸化イオンOH-]は確実に存在していますし、[水酸化イオンOH-]とヨウ素溶液は確実に反応します。

弊社で実際に行った実験では下記のようになりました。
電気分解水素水(アルカリ水・還元水含む) ⇒ イソジンは透明になる。なりやすい。
水素ガス充填水素水 ⇒ イソジンは透明にならない。なりにくい。
イソジンが、溶存水素量の測定には全く適さないことが分かります。水素ガス充填水素水の場合、溶存水素量が1.5ppm以上でもイソジンを透明にしませんでした。試験を行う以前に、常温・1気圧下で水素とヨウ素が反応する事自体が考えにくいので当たり前の結果だと考えます。お飲みの水素水が、電気分解方式か水素ガス充填方式を確かめるにはいい方法かもしれません。

酸化還元電位(ORP)の値と溶存水素量には関係があるの?

関係ありません。が、混乱しやすいところです。
水に水素ガスをバブリングすると、確かに酸化還元電位(ORP値)は下がります。原水の状態にもよりますが、大体-150~-300mV程度の値を示します。じゃあORP値が低ければ、水素もたくさん入っているのでは?と言うと、これは違います。

例えば、溶存水素量0.3ppmであってもORP値は-500mVを示す水素水もありますし、溶存水素量1.6ppmであってもORP値は-200mV程度の水素水が数多くあります。弊社の見解では、このORP値の差も水素水の製造方法にあると考えています。結論からいいますと、「電気分解水はORP値が極端に下がりやすい。」です。水を電気分解すると、陰極側の水のORP値は一気に下がっていきます。電気分解をしっかり行うと、-600~-900mVといった数値を示すこともあります。一方で水素ガス充填式の水素水は、あまりORP値は下がっていきません。前述したように-150~-300mV程度です。

【まとめ】
水に水素を溶存させると、ORP値は下がるものの、ORP値と溶存水素量は比例関係ではない。水素ガス充填式よりも、電気分解水の方がORP値は下がりやすい。電気分解水の場合、-600mV以下の極端な数値を出すことも可能。溶存水素量の測定にORP値計測器を使用するのは適さない。 ちょっと混乱しそうな内容ですが、ご理解ください。

水素水は高濃度ほどいいの?

濃度別によるマウス試験実施中です。
水素水である以上は、水素が入っていないと意味がありません。今から5~10年程前には、水素がほとんど溶存していないにも関わらず水素水とうたって販売されていた水が数多くありました。現在では、各社の技術の進歩で、飽和量の1.6ppm水素水を生成する機器から、飽和量以上の溶存量を実現する機器まで、時代は高濃度競争の時代になってきています。弊社の開発した[DAYS]においても、水素充填圧力の設定で、1.6ppm~9.0ppm(圧力充填)の水素水をかんたんに生成することができます。
せっかく水素水を飲むのだからより高濃度がいい。という想いから高濃度水素水生成装置の開発を行う一方で、弊社では、濃度別によるマウス試験を実施しています。

①何ppmが有効な効果を示すのか?
②目的別に有効な濃度が存在するのではないか?
③一定量以上の濃度は必要ないのか?必要なのか?
④そもそも人間にとって基準となる飽和量1.6ppmが、微量なのか大量なのか?

上記の疑問にお答えできる日を信じて、研究機関での試験を行っております。
試験結果は、専門医による論文化・学会発表後に、随時発表していきます。1~2年ほどお待ちください。

水素水は一回でどのくらいの量を飲めばいいの?

はっきりとした基準はありませんが、こまめに摂取をおススメしています。
例えば、1.6ppmの飽和水素水の場合ですが、一回で500ml、1ℓを摂取しても、余分な水素は呼気から排出されてしまいます。弊社では、200ml程度を2時間おき、あるいは朝・昼・晩など、皆様に無理のない頻度でお飲み頂くことをおススメしています。また、運動中、お風呂の前、睡眠前、起床後といったタイミングでの摂取もおススメしています。

水素水は薬などと併用してもいいのですか?

水素水の飲用には禁忌事項はありませんので、お薬と併用して頂いても問題ありません。

海外でも研究されているの?日本だけの健康ブームなの?

世界の研究機関で注目されています。
水素水あるいは水素の臨床試験・研究は、アメリカ・中国をはじめとする世界の研究機関・大学・政府機関などで実施され、論文発表が行われています。一般の方が水素水を飲んでいる地域としては、これまでに日本以外では、アメリカ・ロシア・ベトナム・中国・韓国などが挙げられます。他にもあれば教えてください。

水素水をお風呂に入れるとどうなるの?

弊社の社員達は、お風呂に水素水"ちょい足し"をやっています。
前述しましたが、1.6ppmの水素水200mlには約19.2兆x1000万個(19.2垓個)の水素が入っています。お風呂に500mlの水素水を入れるだけで、なんと約48兆x1000万個(48垓個)の水素が入ることになります。人間の細胞の数は約60兆といわれていますので、細胞の数の約800万倍の水素がお風呂にある計算になります。 しかも水素の大きさは細胞の約250万分の一という小ささ。これは気持ちよさそうです。

実際に、利用者の中には水素水を飲用だけでなく、化粧水代わりに肌につけられる方も多くいらっしゃいますので、水素水をお風呂に"ちょい足し"するのもいいのかもしれません。

水素水の正しい保管方法を教えてください。

基本は「アルミパウチ・真空容器」です。
水素水の正しい保管方法を説明するのは、実は結構難しいです。というのも、保存したい期間・量・飲み方などさまざまな要素で若干違ってきます。一番完璧に保管するなら、前述した「アルミパウチ・真空容器」(⇒HAGY)を使用してください。これならどんなシーンでも心配なく水素水を保存できます。

真空容器にする意味は何ですか?

飲みきらない場合に空気に触れさせないためです。
アルミパウチやアルミ缶に充填された水素水は、ほぼ満タンに入っている状態では水素を逃がしにくい性質をもっています。市販で流通されている水素水がほぼアルミパウチ・アルミ缶なのはそういう理由です。しかしながら、アルミ素材の容器であっても、一度開封して飲み始めると内部で水素水が空気に触れ、どんどん水素が抜けていきます。ですので、開封後すみやかに飲みきる様な場合は、真空にこだわる必要はないのかもしれません。

真空容器の場合は、飲んだ分容器が圧縮されていき、内部に空気が入らない構造になっていますので、飲みながらでも水素は抜けていきません。

・200ml程度を開封後飲みきる場合 ⇒ アルミパウチ・アルミ缶でも可。
・500ml~1ℓ以上を数回に分けて飲む場合 ⇒ 真空アルミパウチを使用すべき。

ペットボトルでは、やはり水素は抜けていきますか?

2時間以上の保存には適しません。
出来たての水素水が高濃度な場合、1~2時間程度で飲みきる場合は、ペットボトルでもコップでも問題ないと思います。
ただし、流通される水素水や、1日以上の長期保存をする場合では、やはりペットボトルは向いていません。DAYSの製品紹介で、ペットボトルで3日間高濃度を保つ試験データを公開(⇒DAYS水素溶存試験データ)していますが、この場合は、高圧で水素と水が充填されているDAYSならではの保存方法ですので、一般のペットボトル保存とは切り離してご理解ください。

結局、水素水の機械は、どれが一番いいのですか?

お客様のニーズに合わせて選んでください。
水素水を生成する機器はさまざまです。水道直結サーバータイプ、ガロン式サーバータイプ、卓上ポータブルタイプ、スティックタイプ、サプリメントタイプなどなど多種多様です。さらに生成方法も、電気分解方式、化学反応方式、水素ガス充填方式と種類があります。さらに、さらに販売・レンタルなどお支払方法もさまざまです。製品を選ぶ際には最低でも下記10項目を確認して頂くと良いと思います。

(チェック項目リスト:簡易版)
① 使用するシーン ⇒ 個人使用or店舗使用or事務所使用?
② 設置場所は水道直結サーバーを設置できますか?(水道工事できますか?)
③ どの程度のサイズの製品をお探しですか?
④ 持ち運びできる製品と設置型どちらをご希望ですか?
⑤ 溶存水素量にこだわるなら ⇒ 各社製品の溶存水素量をチェック。
⑥ 肝臓・腎臓に持病や不安をお持ちですか?
⑦ 多人数で連続使用しますか?
⑧ 水素水生成までの時間を気にしますか?
⑨ 店舗使用の場合、水素水を販売できるマシンですか?(法令順守)
⑩ アフターケア・メンテンンスの体制はどうですか?

各社のHPをチェックしたり、メーカーにお問合せ頂いてお客様にピッタリの製品と出会えることを願っています。