水素水事業で貢献する。株式会社ドクターズ・マン

株式会社ドクターズマン

高濃度の秘密

瞬間的な高濃度水素溶存を実現しました。

DAYSが、高濃度水素水を瞬間生成できる秘密はボトル内の圧力です。単に水素をボトルに充填するだけでは、水素を1気圧でバブリングするのと変わらず、高濃度の水素溶存は期待できません。

専用ボトルキャップには気体の逆流を防ぐ機能が付いていますので、ボトルに2~3気圧で充填された水素をそのままの高圧状態で閉じ込めます。

その結果ボトルは膨らみ、ボトル内は水素と水が高圧で閉じ込められた状態が出来上がります。単純に2気圧であれば気体の液体に対する溶存量は2倍。3気圧であれば3倍になる原理を利用して、瞬間的な高濃度水素溶存を実現しました。

高濃度の秘密は『圧力』。特許技術の充填方式が水素を高圧状態で閉じ込めます。
専用ボトルキャップの逆止弁が、充填した水素の流出をおさえ、長時間にわたり
高圧が保たれることで、
水素水の飲用を気軽かつ便利なものとして実現しています。

高圧で水素充填された容器を開封しない状態でしっかり振ってください。 これで、⾼圧ミキシング状態が再現されます。 わずか水素充填3秒、シェイク10秒で1.6ppm〜5.0ppm以上の⾼濃度水素水が かんたんに出来あがります。
水素の充填圧を調整することで生成される水素水の溶存水素量を設定することが可能です。

*一般にレンタルの水素充填圧は0.2Mpaに統一しています。容器の破損を防ぐためです。

専用ボトルキャップは、国内生産のペットボトル飲料であれば、ほとんどの製品に使用可能です。
市販のミネラルウォーター・名水や自社ブランドの水、
スポーツドリンクから燃焼系ドリンクといったさまざまなペット飲料に簡単に水素を溶存させることが可能です。

*市販のペットボトルには非常に薄く、
やわらかいものがあります。これらは使用に適しません。

水素水をペットボトルで保存すると水素が抜けていくのは常識です。
弊社の業務用サーバーの水素水も保存には専用パウチの使用を推奨しています。
出来上がった水素水を長期保存する際は必ずH2-BAGを使用してください。

ただし、DAYSの水素水は、水素を充填してシャカシャカ振り終わっても、キャップを開けるまでは水素ガスが高圧で閉じ込められた状態をキープします。
この高圧状態のままであれば、たとえ3日後に開封をしても高濃度の水素水であることが試験で実証されました。
つまりペットボトルであっても、キャップを開けないで保存すれば、持ち帰って自宅や職場で高濃度水素水を飲むことが可能です。

DAYSは、定期的なタンクマンの交換が必要です。本体とタンクマンのレンタル費の中に、タンク交換費も含まれています